更新情報

お知らせ

オートモーティブワールド2024(2024年1月24日〜26日)に出展します

お知らせ

Japan Mobility Show2023(2023年10月25日~11月5日)に出展します

お知らせ

“くるまからモビリティへ”の技術展(2023年11月27日~12月15日)に出展します

要素技術

 テクノアクセルネットワークスが活用する要素技術、その代表例を以下にてご紹介いたします。

技術ロードマップ2035

本資料は、当社が過去10年にわたって編集と顧客フィードバックを重ねてきた将来技術予測マップです。特にクルマとモビリティに関する有望技術とその実用化時期をマップにしてあります。商品開発の知恵袋として最適です。

Read more
広視野角ARヘッドアップディスプレイ

完全自動運転の到来までは安全運転支援(ADAS)が必要です。ドライバが運転中の前景に必要情報をAR表示するヘッドアップディスプレィについて、米国や中国のEVに搭載された広視野角プラットフォームによる受託設計を国内で始めました。

Read more
60GHz帯心拍間隔計測ユニット

非接触生体情報センシングとして、60GHz帯レーダによる「心拍間隔変動値」計測ユニットの評価用頒布をを行っています。この、振動・体動に強いセンサを軸に、産官学連携・グローバルな医工連携による体調見守りの開発に展開しています。(技適特例認証取得済)

Read more
スマホリンク・全方位モニタ一体型車載端末

スマホ連携車載ユニットと全方位モニタユニットはアジアで標準装備化しています。この二つの機能を一体化した低消費電力プラットフォームを台湾Chintek社と開発し、量産設計受託を始めました。海外現地装着から立ち上げます。

Read more
サイバーブレイン・モジュール

交通事故をさらに減らすためには、接近しているクルマやバス、二輪車、人がリアルタイムに危険度を共有する必要があります。ポスト5Gの低レィテンシー活用を可能とするメタデータ情報の端末・クラウド共用技術を開発しました
(認識 予測 判断 行動)

Read more
遠隔操縦容易化ADASユニット

自動運転車や自動運転シニアカー、配送ロボット、ドローンの全てにおいて、万一の時には遠隔操縦による安全移動が必須です。そのために、全方位カメラと組込みAI、低遅延通信制御のプラットフォームを組み合わせ、TWSM-Japan社とのチームで仕上げます。

Read more

他の要素技術はこちら

PoCプロジェクト

 テクノアクセルネットワークスの開発してきたPoCプロジェクト、以下にご紹介いたします。

血流情報による体調モニタ・プラットフォーム

ヒトの顔表面の血流情報を計測し、体調を推定するアルゴリズムを組込SoC基板で実現しました。医療ケア・介護への応用も含めて海外での実績を積んでいます。国内用はご相談ください。

Read more
グローバル・コネクテッドサービス・プラットフォーム

国内自動車メーカ向け世界対応コネクテッドサービスについて、スゥエーデンのWirelessCar社のプラットフォーム採用をお勧めします。当社が国内商談窓口を担当しています。急ぎまょう。

Read more
フライト・ドライブシミュレータと非接触生体センサによる安全快適操縦の評価システム

運転中のドライバの感情推定を行ったり、ドローンのフライト技術を習得したりするために小型のシミュレータが必要となります。Excitec社と協力して、見守りシステムの評価の加速を実現していきます。

Read more
農業・林業のドローン・AI活用プラットフォーム

小型ドローンとAI分析の活用による短時間での高付加価値野菜・果物の生育予測をするために
広く普及するための安価な標準プラットフォームの開発を行っています

Read more
大画面ディスプレイアプリケーション

「コックピットディスプレィ・プラットフォーム」や、「後部座席インフォティメントディスプレィ」アプリケーションをご紹介いたします。

Read more

他のプロジェクトはこちら

MENU
PAGE TOP